Tag Archives: 基本操作

Blender初心者のためのオブジェクト操作

初心者(自分のこと)がみてパッと思い出したり概要をつかめるようにメッシュオブジェクト基本操作をメインにまとめます。前回はBlenderのウィンドウ操作の概要を記載しました。また、チートシート的に操作を表にしておきたいと思います。きっと主要なキーを覚えておくと、作業効率が違うハズ。

■3Dビューポート上での基本の基本操作

blender_basic_operation_about_meshobject_new_and_del

オブジェクトの基本形(プリミティブ図形)は数種類用意されており、新規オブジェクト追加時に選択可能。Plane(板)、Cube(立方体)、Circle(円)などなど。

頻繁に使う操作のショートカットは以下のとおり。

操作のショートカット

  • 操作のUndo: Ctrl+Zキー ⇔ Redo:Ctrl+Shift+Zキー
  • オブジェクトの新規追加: Shift+Aキー ⇔ 削除:Xキー もしくは DELキー
  • オブジェクトの選択: 対象オブジェクトを右クリック
  • 複数オブジェクトの選択: Shift+右クリック

■視点の操作

覚えておきたい重要な操作は以下のとおり。

マウス操作

  • マウスセンターボタン+マウス移動:視点を原点を中心に回り込む
  • マウスホイールボタン:視点の拡大縮小
  • Ctr+マウスホイール:視点横軸平行移動
  • Shift+マウスホイール:視点縦軸平行移動

テンキーボード 操作

  • 4キー:Z軸に対して①-15度の回転 ⇔ 6キー:+15度
  • 8キー:Y軸に対して①+15度の回転 ⇔ 2キー:-15度
  • +、-:視点拡大縮小変更
  • 1キー、3キー、7キー:正面、右側、上側 からの視点に切替。(Ctrlをつけると、左記の裏側からの視点となる)
  • 5キー:3Dビューポートのカメラの表示の透視投影、平行投影を切り替える
テンキー:15度回転

テンキー:15度回転

テンキー:軸に沿った方向から見る

テンキー:軸に沿った方向から見る

 

■オブジェクトの移動、回転、拡大縮小モードの切り替え

・選択中のオブジェクトの原点(オレンジの点)から青緑赤の矢印が伸びており、マニュピレータと呼ばれる。ここをマウスで引っ張ることでその軸の方向にのみ移動可能、加えて、移動中にCTRLキーを押しながらであればグリッド単位で移動出来る。

blender_window_operate_manupilator

デフォルトではマニュピレータ操作は移動モードになっているが、回転・拡大縮小についても同様の操作で可能。3Dビュー下部のアイコンで操作モードを切り替えできる。マニュピレータを使ってのマウス操作ではモードを事前に切り替えておく。blender_basic_operation_about_meshobject_vertexmodes

オブジェクトの基本操作(移動・回転・拡大縮小)は以下の3ステップ。ちょっとのショートカットや操作方法を覚えれば移動も回転も拡大縮小も似たような操作でできるよう作られている。

3ステップ

  1. 操作対象オブジェクトの選択
  2. 特定の軸方向への移動・回転・拡大縮小の制限&操作
  3. 操作確定

1.操作対象オブジェクトの選択

  • オブジェクト対象を右クリックで少しドラッグすると移動可能となる。(移動時、オブジェクト対象のエッヂが白くなる)
  • オブジェクトを移動したい場合、「G」(Grab:つかむ)キー
  • オブジェクトを回転したい場合、「R」(Rotate:回転)キー
  • オブジェクトを拡大縮小したい場合、「S」(Scale:大きさ)キー

2.特定の軸方向への移動・回転・拡大縮小の制限&操作

キーボード十字キー or マウスでドラッグで各操作が可能。

この状態でXYZキーを押すと、その軸のみ移動するよう限定できる。
または、Shift + XYZキーでいずれかで移動対象平面に制限をかけられる。

3.操作確定

「Enter」か「マウス左」で移動を確定する。

特定の場所への移動

blender_basic_operation_about_meshobject_move_menu

Shift+Sでメニューを出し、グリッドにあわせて場所調整をしたり3Dカーソルに移動したりできる。

他にも沢山操作方法がありみたいですが、初心者なりに最も使いそうなものを記載しました。

ご参考になりましたサイトさま: