Tag Archives: CakePHP

【Webアプリ】開発環境をイチから作成・その6(Apache + PHP + Eclipse連携)

前回、XAMPP をインストールしてからの続きとなります。

今回は Apache 、 PHP、 Oracle の連携をするところまでを書き留めておきたいと思います。

前回までで Apache 、 PHP、Oracle に対して個別に動作を確認しましたが、通常のWebアプリはこれらが互いに連携して動作します。

以下、すごく適当な概略です。Webゲームで敵に攻撃をしたときの各ソフトの連携イメージ。

dev_setting_02_web_flow_01

まず初めに、最終的な稼動状態のドメイン名(のテスト版)をローカルPC上に再現するため、hostsという設定ファイルを編集します。

hosts.txtの位置は通常以下の場所にあります。

場所「%windir%\system32\drivers\etc\」

[start] -> ファイル名を指定 で上記の場所をそのまま入力すればフォルダを開けます。

フォルダを開くと、いくつかファイルが並んでいますが、その中にhosts があります。

dev_setting_01_hosts_01

hosts の中身はテキストですので、notepad等で編集可能です。(※編集の際は管理者権限が必要になることが多いです。)

以下の一文を追加します。

127.0.0.1      testweb.localhost

上記の 「testweb.localhost」はお好きなテスト用ドメイン名を入れてください。

一応、自分のテスト環境に接続できるか、確認してみます。

Apache を立ち上げた状態で  「http://testweb.localhost」 をブラウザに入力してみると・・・

つながりました。成功です。XAMPP のデフォルト画面が表示されています。

dev_setting_01_hosts_02

次に、稼動確認用に PHP で記述されたページを作成してみます。
1.Eclipse を起動し、[File] -> [New] -> [PHP Project]

を選択。
dev_setting_03_new_php_pj_01

2.Project name: の欄に稼動確認用の適当なプロジェクト名を入力。

今回は「testphp」を作成します。それ以外はデフォルトのまま、「Finish」ボタンを選択。

dev_setting_03_new_php_pj_02

3.プロジェクト「testphp」の作成完了!

dev_setting_03_new_php_pj_03

動作確認用に php ファイルを作成してみます。

プロジェクトのルートフォルダ「testphp」を右クリックし、[New] -> [PHP File]を選択

dev_setting_03_new_php_pj_04

File Nameの欄に新規作成するPHPファイル名を記述。(今回は phpinfo.php)

「Finish」ボタンを押す。

dev_setting_03_new_php_pj_05

新規に phpinfo.php が出来上がりました!

dev_setting_03_new_php_pj_06

この phpinfo.php に2行、以下のコードを追加して上書き保存します。

<?php
     phpinfo();

次に、Apache の設定を行い、今作成した Eclipse のワークディレクトリ内をドキュメントフォルダに指定したいと思います。
Apache の設定ファイルの場所は xammp をインストールした下の apache -> conf フォルダ内にあります。

DocumentRoot(HTTPサーバアクセス時に参照されるドキュメント格納場所)を Eclipse のワークディレクトリに変更します。

httpd.conf に記載の DocumentRoot の説明文の適当日本語訳も載せておきます。

# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.

以下、日本語訳です。by Amaji
DocumentRoot: 文章等を外部に公開するためのディレクトリです。通常、全てのリクエストはこのディレクトリから参照されますが、シンボリックリンクやエイリアスにより他の場所(パス)が参照されることがあります。

httpd.conf から以下の行を編集。

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "C:/add/tools/xampp/htdocs"
<Directory "C:/add/tools/xampp/htdocs">

今回は testphp プロジェクトを指定しました。

以下の DocumentRoot は僕の環境でのパスなので、もしこれを読んでる方がいたら、

各自アドレスは変更してください。

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
# 
DocumentRoot "C:/add/devs/eclipse_cc/workspace/testphp"
<Directory "C:/add/devs/eclipse_cc/workspace/testphp">

XAMPP Control Panel から、 Apache を(再)起動します。
dev_setting_04_apache_start01
正常に起動が終わると、「Apache」の背景が緑色になり、PID(プロセスID)、Portが表示され、Actions は「stop」に変化します。また、XAMMP のログに
「Status change detected: running(状態の変化を検知:稼働中)」と表示されます。dev_setting_04_apache_start02

早速自分の作成したtestphpプロジェクトにアクセス!
アドレスは「http://http://testweb.localhost/phpinfo.php」です。
dev_setting_05_testphp_pj_access01

無事に phpinfo() 関数の結果がブラウザに出力されています。
これで Apache と php と eclipseプロジェクトとの紐付けができました。

今回はここまで。