【Webアプリ】開発環境をイチから作成・その3(Oracle DB 11g XE R2 インストール)

Web開発環境構築のアイキャッチ画像

今回やること

今回は Oracle 11g XE を Windows7 へインストールして使用するまでのメモです。Oracle11g XE は 日本Oracle社 が無償で提供しているRDB です。
自分のOS環境は64bit ですが、XE は 32bit のもののみダウンロード可能なようです。
あくまでテスト環境なので動作すれば特にそのへんは問いません。
以下のシステム要求のメモリ&HDDは 日本Oracle社の PDF上を参照した数値。

動作に必要なスペック

OracleDB XE 11g Release2 インストールに必要なもの一覧
oracleDB XE 11g R2 インストーラhttp://www.oracle.com/technetwork/jp/database/express-edition/downloads/index.html
システム要求
(メモリ)
最低256MB(推奨 512MB)
システム要求(HDD)最低1.5GByte

利用には OTN アカウントが必要です。(無料)

Oracle11g XEのダウンロード

では早速ダウンロードページへ。
利用規約に同意したらWindows 版をダウンロードします。

OracleDB XE Windows7

OracleDB XE Windows7

以下、OTN のアカウントでログイン。もっていなければ新規登録(無料)する。

oracle_download_02

Oracle 11g XEインストール

ダウンロード後、zipを回答し、 setup.exe を実行。

oracle_download_03

インストール先を選択。高速化のため、今回はSSD上を選択しました。oracle_db_xe-install_01

パスワードの設定は今後 SYSTEM アカウント用のパスワードとして必要になりますので、メモしておきます。

oracle_db_xe-install_02

使用されるポート等を確認。(テスト用環境ですし、特に外部に公開はしませんけどね。)

oracle_db_xe-install_03

インストール完了。

oracle_db_xe-install_04

次回は起動~簡単なSQL文を投げての疎通確認を行います。

Webアプリの開発環境をイチから作成シリーズ記事

  1. その1(Eclipse&Java SDK7 導入)
  2. その2(Eclipse の Plugin 導入)
  3. その3(Oracle DB 11g XE R2 インストール) ←いまココ
  4. その4(Oracle DB 11g XE R2 疎通確認)
  5. その5(XAMPP インストール)
  6. その6(Apache + PHP + Eclipse連携)
  7. その7(Apache + PHP + Oracle連携)
  8. その8(CakePHP + Oracle連携)
  9. その9(CakePHP + Oracle連携)

ページの更新履歴

更新日更新内容
2013.9.17ページ公開
2018.3.27スマホからレイアウトが崩れて読みにくいので修正。ついでに文章構造と内容も訂正。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする